現像とレタッチのお話

今回は現像とレタッチの違いについてのお話を少し💻


初心者の方や中級者の中でよく混同されがちな「現像」と「レタッチ」ですが、

これらは全く異なる作業を指すものです。


まず「現像」とは、

カメラで保存した“RAWデータ(撮影時の光の情報が詰まった生のデータ)”から

必要な光の情報だけを取捨選択し、

“JPEGなどの画像データ”に圧縮変換する事を指します。


※実は、みなさんがスマホなどのカメラで何気なく撮影し保存したJPEGデータは、

カメラ側が撮影したRAWデータを瞬時にJPEGに現像してくれたデータなのです📷


対して「レタッチ」とは“加筆修正”という意味で、

画像データ内の不要な物体を消したり、

部分的に色味や明るさを変えるなど、

合成処理を施すことにより、理想の画像に仕上げる事を指します。


分かりやすく例えるならば、

「現像」は「化粧(メイク)」で、

「レタッチ」は「整形手術(リメイク)」

と言ってしまっても良いかもしれませんね💡


カメラマンにとってはどちらも必須スキルになるので、

特にプロを目指すのであれば、早い段階からしっかりと習得しておくことをおすすめします(*´`)