写真という言語

写真撮影は、

「人物」「商品」「建物」など、

何を被写体にするかで用いる技術が変わってきます📷


しかし、絶対的に共通して必要なものがあります。


それは、気配りです。


どこにどれだけ気を配り、撮影をするのか。


見せたいもの、伝えたいものの取捨選択。


丁寧に言葉を紡ぎ伝えるように。


写真は世界共通の言語なのかもしれません(*´`)


Photo Studio SeeDは、

本日も丁寧に素敵な世界を紡いで参ります♪