【ISO感度】のお話

今回は「ISO感度」について解説したいと思います📸


「ISO感度」とは

光を受けとめるコップの数です。


まず、

決まった秒数だけ屋根が開いて水が降ってくる仕掛けの

お部屋を想像してみましょう。


そのお部屋の中にコップを1つだけ置いてください。


一瞬だけ屋根が開き、水が降って来ました。

コップに溜まった水は約10mlでした。

思っていたより少ないと感じたので、

コップを100個並べました。


すると約1,000ml溜まりました。


しかしコップの水を100個分回収するに当たり、

各コップに水滴が残って少しだけロスしてしまいました。


これがISOの仕組みです。


コップを増やせば水はたくさん手に入るように、

ISO感度を上げれば明るい写真になりますが、

その分ノイズ(ロス)が増えてしまうので注意が必要になってきます。


暗い場所の撮影でも明るい写真に仕上げたい時には、

感度の上げすぎに注意しながら撮影してみましょう📸