【建築写真】のお話 -絶対正対-

今回も建築写真に関して、少しだけ📷


建築写真は

壁面に対して平行・水平・垂直に撮影した「正対写真」が基本となります。


しかし、この「正対写真」こそ、撮影者の腕が問われる写真でもあります。


寸分のズレもなく、正確に中心を捉え、構造を伝える写真。


少しでも上下左右にアングルが振れていると、線は歪みます。


例えば、

写真に写る正面の壁を測ったとして、

壁の右端は7.6cmで

壁の左端は7.4cmだった場合、

カメラは左に振られてしまっています。


その場合、写真は左奥に向かって線が延びているような、少し違和感の残る写真になります。


その違和感を作らないためにも、左右ともに7.5cmになるように撮影するような技術力が必須になるのです。


正対写真は、建物の構造や空間を伝えるための写真であり、建築美を写すものです。


もちろん、斜めから振った写真も必要です。

しかしながら、技術不足を誤魔化す事も出来てしまう写真でもあるのです。


Photo Studio SeeDでは、

可能な限り安く、

金額以上の高い技術力でご依頼にお応えしております✨