【建築写真】のお話 -自然光-

今日は建築写真に関して、

内観撮影時の照明器具のON/OFFの考え方についてお話をします📷


光には、

外から入り込む「自然光」と、

照明器具による「人工光」が存在します。


建築写真の場合、

「自然光」のみでの撮影が基本です。


その理由として、


■ 色被りがおこる

■ 不自然な影ができる

■ 締りのない印象になる

■ (色などの)要素が増える


などがあります。


こだわりのある壁や建具、床材などに人工光の色が被ってしまうことで、

素材本来の質感が損なわれることがあります。


また、部屋全体に光が当たることにより、

全体的にメリハリのない、のっぺりとした印象に仕上がります。


正しい色合いと質感を伝えつつ、

立体的で高級感のある写真に仕上げるなら、

自然光のみで撮影するのがベストなのです。


また、照明器具はどんな時に点けるのか…を考えれば、

「暗いところを照らす」ために点けますよね💡


そのため、

『自然光のしっかりと入る明るいお部屋』

を撮影する時には照明OFF


『採光のとれない暗いお部屋』や『夕景』『夜景』

を撮影する時には照明ON


といった具合に撮り分けたりもします。


ただし、

自然光のみでの撮影では、

撮影も編集も技術が必要になってくる為、

カメラマンの技量が問われる写真だったりもします。


その点、SeeDなら安心の技術力!

建築写真のことなら、Photo Studio SeeDにおまかせ!


正確無比で高品質なお写真をご提供いたします。